まさかの極貧。負けっぱなし、お気楽夫婦のまったり貧乏。借金は嫌いどす・・・。 『新形式の双方向ブログ』

リンク

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

3,000万円 残すらしい・・・

2012/10/05 09:07
人気ブログランキングに参加しています。
高齢者 金を使いたがらず死亡時の貯金は平均3000万円以上も
(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? (つд⊂)ゴシゴシ 、マ、マジすかーーー!
大前研一の言ってることだからかなり盛ってる気はするけど・・・
たしかに世代間格差は年々広がってて、
世代間不均衡率は世界一だっていう統計も出てはいるんだけど、
それにしても年寄りは使わねえなあ~、貯めすぎ・・・限度がある!

さすがに中央値はこの半分の1,500万円くらいだとは思ってる、
いや、そうあってほしいと願ってますが、
郵便局で孫名義の積み立てをしてるご老人を見てると、
「もう、限度額ですよ~」って言われてる人がかなりいるのも事実・・・
金融機関に行くたびに耳をダンボにしてる訳じゃありませんが、
1,000万円の金額だけはかなり離れてても聞こえてくるんだよね~

今、年金生活してる人たちは“勝ち組”とも言われてますが、
あんまりお金を残しすぎるので遺族で骨肉の争いも増えてます。
親戚ってのも欲目が絡むと他人よりエグイからね~
さて、みなさんの死亡時に残すのはどんなもんでしょう?
不動産・株・貯金・貴金属など金目のものを全てひっくるめて、
希望的観測や夢も含めながら3,000万円っていう大金を残せそうですか?
ちなみに我が家は・・・無理ッス!(`・ω・´)キリッ
人気ブログランキングへ もぐら5 ←「とてもじゃないが無理!」って人は
人気ブログランキングへ かえる5 ←「それくらいは残りそう♪」って人は

家計管理・貯蓄ランキング 激安系ランキング 貧乏・生活苦ランキング
関連記事
生活CM:2
コメント:
三千万とはまた凄い額ですな(@@;)
でもこれは「何千万以上が全体の何割」かは書いていませんし、
規格外のお金持ちが全体の貯蓄額を引き上げているせいかと…
死亡時の貯金は一千万以下が大半で500万以下も意外と多いのでは…超適当な想像ですが

墓にまでお金は持っていけませんからお金を持っている人は
どんどんお金を使って経済を回してくれればいいのに!とも思いますが
おそらく、ご老人達は次世代の貧乏な子供や妻や孫のためにお金を貯めていたんでしょうね

それとバブル世代はともかく日本は基本貧乏な時代が多く散在する事に抵抗感があるのでは?

自分の祖父祖母は旅行は大好きですが、基本的に贅沢品には興味がありません
物欲も年をとると薄れてしまうものらしく…?
実はこれは私もそうで高齢者ではないのですが、
中年になって物欲が極端に弱くなったのを実感しています(^^;) 良いのか悪いのか…さて
  #-|2012/10/05(金) 18:59 [ 編集 ]
名無しさんへ
大前研一が書いているのでかなり大雑把な数字だと思いますが、
国民の金融資産が1,400兆円と言われてますので、
一人当たり1,000万円は超える預貯金の数字にはなっていますね。
ここら辺からの数字かもしれませんね。
それと彼ぐらいになるとお金持ちしか付き合いがないのかも・・・
何にしても世代間とか貧富の差は年々大きくなっているようです。

今の高齢者の人たちは我慢が当たり前の世代ですから、
金銭欲はあっても物欲は少ないような気がします。
これくらいの世代の人が購買意欲に燃えるような商品開発もされてませんし、
企業努力も必要かもしれませんね。

そういう意味からしても旅行ってのは消費に繋がりますね。
孫と行く旅行なんてのを大々的に企画すれば、
それなりに需要があるんじゃないかな・・・
とにかく、みんなが精出してお金を世間に回す工夫をすることが大事ですよね~
そうすればこっちも頑張って使います。そっちの方が断然楽しい♪
共白髪 #-|2012/10/06(土) 09:58 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
◇最新記事

◇最新コメント

◇架空 派遣OL

よい子のみんなは、
お金ブログについて語ろう』で、
検索しないでね。約束だよ。

◇ここでも買います
ロハコ
ポンパレモール
Amazon.co.jp(アマゾン)

 BlogPeople



読んでくれてありがとう。またね~♪
Copyright(C) 2006 1ヶ月2万円生活 (+α) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。