まさかの極貧。負けっぱなし、お気楽夫婦のまったり貧乏。借金は嫌いどす・・・。 『新形式の双方向ブログ』

リンク

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

暗殺者が英雄になる国

2012/08/24 09:07
李奉昌
人気ブログランキングに参加しています。
反日の象徴であるこの像はあまり知られていないと思って紹介します。
1932年(昭和7年)1月8日、東京・桜田門において、
昭和天皇の暗殺を狙った襲撃事件が起きます。桜田門事件
陛下が乗車する馬車に向かって沿道から手榴弾2個が投げ込まれました。
この時の犯人が李奉昌です。驚くことに韓国では歴史歪曲と、
民族独特の思考解釈により李奉昌は英雄になっています。
この銅像は、今まさに手榴弾を投げようとするテロリスト・李の姿です。

ちょっともう日本人の感覚では解釈のしようがありませんが、
どういう思想的背景があれ、暗殺者を英雄視し像を建てる・・・
ましてや李なんてのは女遊びと博打で借金だらけで盗みの常習犯。
怠惰な生活を繰り返しているうちに借金と窃盗でどうしょうもなくなり、
最後は名前を残したくて金で人殺しを請け負った単なる殺し屋・・・
他にも韓国で英雄とされているのは伊藤博文暗殺犯の安重根
尹奉吉白貞基など銃や火器を使って日本人を殺そうとした人々。

韓国の強烈な反日教育は昨日や今日のものではありません。
戦後ずっと行われていたもので平和ボケの日本人が知らないだけ・・・
どんな理由があれ他国の元首を暗殺しようとした人物が英雄になる、
韓国が言う友好には「日本人を殺してもよい、殺せば英雄」
こういう偏狭な民族意識が隠れていることを知っておく必要があります。
道理や理屈や事実なんてのはあの人たちには無縁です。
世界一の反日を維持し続けることが金になることを知っちゃいました。
ソウルをはじめとし他の李奉昌の立派な銅像の存在でも明らかですが、
今もなお日本の皇室や日本人に対し不敬をはたらくほどに、
民族の英雄として賛美するのが韓国の真の姿です。
過去に天皇陛下の御命を狙った国が韓国!そして今も!
人気ブログランキングへ もぐら24 ←「この銅像を知らなかった・・・」って人は

家計管理・貯蓄ランキング 激安系ランキング 貧乏・生活苦ランキング
関連記事
社会、話題CM:0
コメント:
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
◇最新記事

◇最新コメント

◇架空 派遣OL

よい子のみんなは、
お金ブログについて語ろう』で、
検索しないでね。約束だよ。

◇ここでも買います
ロハコ
ポンパレモール
Amazon.co.jp(アマゾン)

 BlogPeople



読んでくれてありがとう。またね~♪
Copyright(C) 2006 1ヶ月2万円生活 (+α) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。