まさかの極貧。負けっぱなし、お気楽夫婦のまったり貧乏。借金は嫌いどす・・・。 『新形式の双方向ブログ』

リンク

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

号泣・・・するらしい、竹林はるか遠く

2013/08/15 09:03
竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記 人気ブログランキングに参加中。
一冊の本を買い求めました『竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記』
終戦前後の朝鮮半島引揚者の苦難が綴られています。
米国では教科書・副教材として採用され反戦を学ぶ一助となっているようです。
珍しくアマゾンレビューが高評価!うちは楽天で買いました。
今日は「終戦記念日」、この時期になると“戦犯(国)”という言葉を見聞きします。
戦勝国と敗戦国があるのは事実です。じゃあ戦犯国ってなに?
もし100万歩譲って日本が戦犯国だったとして東京裁判ってのがありました。
自身の弁明も許されず多くの日本人が“戦犯”とされ処刑されたんだよね・・・
戦争責任者はいたんだと思う。でも戦争犯罪人なんてのはいたんでしょうか?
未だに日本が戦犯国の謗りを受け続けるなら、あの人たちの死は何だったの?

原爆で焼けただれて死んでいった人たちに「戦犯国の民」だと言えますか?
敵艦に体当たりしていった無垢の若者、万歳突撃していった多くの日本兵、
空襲で生きながら焼け死んだ母、恥よりも死を選んだ純潔の若き乙女・・・
この人たちの末裔や親族が今の日本人です。この国の民は、
戦争が根底に抱える“不条理”の最大の被害者ではないでしょうか?

ブログ村>> トラコミュ 戦争のない未来のために ←参加しています

本書では日本人婦女子が朝鮮人・ロシア人に強姦・惨殺される記述もあります。
陵辱・虐殺された側が加害者で、鬼畜の所業を行った側が被害者なの?
もし世の中に「戦犯国」なんてのがあるんだとしたら、
それは、戦争に参加・加担した全ての国を指して言うべきではないでしょうか?
▽反戦名著、『竹林はるか遠く』という本を知っていましたか?
人気ブログランキングへ もぐら15 ←「知ってたよ~♪」って人は
人気ブログランキングへ かえる15 ←「今、知った!」って人は

貧乏・生活苦ランキング    貧乏 人気ブログランキング>>
関連記事
その他CM:7
コメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- #|2013/08/15(木) 10:14 [ 編集 ]

こんばんは、起こってしまった事は誰が責任取ろうが消すことは出来ない・・二度と戦争など起きてはならないと思います。次起こるときは人類滅亡かも??
マキロン #-|2013/08/15(木) 20:24 [ 編集 ]
終戦記念日
戦争体験者が少なくなるにつれ、こういう書籍は貴重だと思います。
戦争は殺し合いです。憎むべきは戦争そのものであって国や国民ではありません。
日本を守るために散っていった幾多の兵隊さんたちの無念を思うと今の日本政府の事なかれ主義に憤りを覚えます。
戦犯だなんて・・・情けなくなります。
祖母は父が生まれたときに明治神宮に行き、この子をお国に捧げますと誓ったそうです。
昔はそんな時代だったのです。
マコト #frCxPgj6|2013/08/15(木) 22:01 [ 編集 ]
マキロンさんへ
起きたことの歴史的検証は必要だと思いますが、
各国、各個人の感情を交えるべきではありませんね。
悲惨な戦争を教訓にすることこそ、
未来的志向だと思います。
共白髪 #-|2013/08/16(金) 07:57 [ 編集 ]
マコトさんへ
日本の敗戦の清算は既に終わっています。
これは国際的にも誰もが認めることです。
「賠償おかわり!」なんて叫んでるのは反日国家と、
反日左翼・反日マスゴミぐらいなもんです。
「基地外は相手にしない!」これを徹底すれば、
この国の未来は明るくなると思ってます。
共白髪 #-|2013/08/16(金) 08:02 [ 編集 ]

戦時中の悲劇の映画とか直視できない私
2度と繰り返さないって言ってるけど、政治家が馬鹿だから、戦争したくなくても仕掛けられる気がする。
みゆきん #-|2013/08/16(金) 10:41 [ 編集 ]
みゆきんさんへ
政治家はバカなんだけど、
今のこの国の状態は隣国がアホ・バカすぎるね。
共白髪 #-|2013/08/17(土) 08:16 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
◇最新記事

◇最新コメント

◇架空 派遣OL

よい子のみんなは、
お金ブログについて語ろう』で、
検索しないでね。約束だよ。

◇ここでも買います
ロハコ
ポンパレモール
Amazon.co.jp(アマゾン)

 BlogPeople



読んでくれてありがとう。またね~♪
Copyright(C) 2006 1ヶ月2万円生活 (+α) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。